こんにちは~!Wiz. ADです!!

さて、本日の放送を振り返っていきましょう!

【今日のテーマ「最近あなたが知ったかぶりしたこと」】

渋谷のパルコに行ったというバカボンさん!
東京の今を詰め込んだデパートで、初めて行ったため訳が分からなかった!とのこと。

ですが、どんなお店があるのか看板も見ずに”知ったかぶって”行ったとのことで、本日のテーマは「知ったかぶり」でした♪

たくさんの知ったかぶりエピソードがありましたが、ADが最も印象深かったエピソードは、RN:もんもんさんのこんなエピソード!

知ったかですが私は筋トレがとても大好きです。特に腹筋が大好きです。
ジムで筋トレをしているときよくあるのが
『やっぱ、プロテインはゴールデンタイムがマストっすか』とか
『EAAってトレーニング前に摂取するとやっぱ違いますか』とか
『腹斜筋きかせたいんすけど、やっぱワイパーっすか』とか専門的な質問をよくされます。

う、うん。そうね、といいつつすぐスマホで調べて知ったかを決め込んでしまってます。
質問してくれるのはとても嬉しいのですが、僕はただ腹筋が大好きなだけなんです。
筋肉量と説得力は比例するという話を聞いたことがあるのでせめて筋肉量を増やしていこうと思ってます。

筋肉のことを詳しく聞かれても、確かに知らないと気まずいですよね!
知ったかぶりをして何とか乗り越えている姿が、想像できます!

 

このような専門用語は、様々な業界で溢れていますよね。
例えばラジオ業界では、「Eライン」や「Dライン」

玲奈さんは、ご友人に「”生ワイド”って何?」と聞かれたご経験もあるとのこと。

また、リスナーの皆さんにはお馴染みの「ふつおた」

「普通のお便り」の略称で、テーマ以外のお便りを指すのですが、
「テーマ以外が普通なの?テーマは特別なの?」とバカボンさん。

そう考えてみると不思議ですよね。

難しい専門用語には”知ったかぶり”をしないで、聞いてみる方が良さそうですね!

 

12時台は、【アルファクラブ静岡 presents 記念日には、プラスアルファ「ありがとう」を添えて。】

リスナーの皆さんが持っている記念日を募集し紹介していくこのコーナー。

誕生日や七五三、結婚にまつわる記念日、入学や卒業など、様々な記念日とエピソードを紹介します。

 

本日ご紹介した記念日のお1人目は、RN:バナナタイムフリーさん!

3月23日に、待望の新車が納車されました。
28才で免許をとって以来なんだかんだで、父の車、父名義で共同購入、中古車と、今まで自分名義で新車を購入したことはありませんでした。
この年にして、初めて自分名義の新車購入。

なので、3月23日は、自分にとっての新車記念日です。

自分でディーラーに行って、好きな色を選んで、オプションを選んで、高い買い物だけに、こだわりました。何よりまだまだ香る新車の匂いに毎日の通勤のテンションが上がるってもんです。

そして、今回変えた今まで乗っていた車にありがとう。
次男の誕生と供に、7人乗りの車の購入に迫られて買ったミニバンですが、家族でのお出かけに、毎日の通勤にと、5年と8ヶ月で100,000キロめ大きなトラブルなく走ってくれました。

本当に感謝です。綺麗にして貰って、新しい持ち主さんのところに行くまでゆっくり休んで下さい。

 

お2人目は、鬼ネーム:ネモ船長、玲奈ネーム:ハピネモさん

3月29日が記念日!

次女がいる小学生のソフトボールチームが、鹿児島で行われていた全国大会で優勝しました。
雨天で順延した影響で決勝戦は行われず、両チーム優勝となりましたが、30年以上続くチームで悲願の初優勝でした。

コロナ禍の中で開催された本大会は、出場権を得ていてもいろんな事情で出場できないチームや鹿児島に来れない選手もいて、いつもと違う状況でしたが、それでもチーム一丸となって勝ち進みました。

大会を開催してくれた主催者の方々や、今までチームを支えてくれた人達、関係者の皆さんにも「ありがとう」と伝えたいです。

そして選手、監督、コーチ、スコアラー等現地で奮闘したチームのみんなに「おめでとう」と「ありがとう」です。

 

ステキなエピソードをありがとうございました!

そして、お二人の記念日おめでとうございます!

 

13時台はじめは、【Wiz Talk】

本日は高瀬統也さんをリモートでお迎えしました!!

愛知県出身、名古屋市に在住のシンガーソングライター高瀬統也さん。
昨年リリースした1stEp「Now the Won」が、香港のエレクトロニックトップチャートで1位を記録!

さらに、「備忘録 Self Cover Ver.」がTic Tokにて、累計150万回再生を記録し、日本だけでなく海外からも注目を集めています!

音楽を始めるきっかけは、ボイストレーナーの祖母とのこと。
影響を受け、17歳に音楽活動を始めたそうです。

思春期に音楽を始める人が多い!とバカボンさんも!

青春の時期にモテたくてはじめた!と仰っていました!

小学生の頃にピアノ、その後ギターを演奏するように。
バンド経験はなんと1日だけ!ボーカルとしてレッチリのカバーをするために呼ばれたそうですが、すぐに断念したとのこと。

その後、ギタリストに憧れていたことからフォークデュオに誘われ、『ミドル』という活動名で活動していたそうです!

しかし、デュオを一緒にしていたご友人が、「部活で忙しくなった…」ということで、1人でやっていくことに!

17歳でギター初め難関コードの『F』を習得したことから、曲作りに励むようになりました。

作曲だけでなく、作詞も手掛ける高瀬さん!

「作詞は恥ずかしくなかった?」バカボンさんがおっしゃると、
やはり恥ずかしく書けなかったとのこと。普段使わない言葉も使ってしまうとも仰っていました!

バカボンさんは作詞の際に「愛してる」を使わないと決めているとのこと。
高瀬さん同様恥ずかしいからだそうで、言える人はすごい!と仰っていました!

高瀬さんは恋愛ソングだけでなく、グレーな線を責める!と楽曲に関して仰っており、
”実はこんなメッセージを込めている”という曲に秘めたメッセージの本当の意味を知っているのは僕だけでいい。という強い思いが!

だからこそ、聴いている方々は何年か経った時に聞いてみると、「あれ?こんなメッセージだっけ?」と気づくことがあるとのこと。

3分という限られた時間に込めるメッセージは本当に奥深いですね。

また、曲つくる際は「作ろう!」と意気込むのではなく、自然に思い浮かんだ時に書くスタイルだそう。
新しいことが大好き!という高瀬さんは、作ろう!と思うと力むから自然と幸せな毎日を過ごそうというモットーを持ち、そんな幸せな日の中でふと浮かんだ時に書くとのことです。

「今がターニングポイントだから曲を書いて欲しい」とご友人に頼まれたときは、20分間電話し、ご友人にずっと話しててもらうことで曲を作っていったとのこと。
ずっと話を聞き続けて曲作りをするなんてすごいですよね。

POPミュージックの中でもフォークミュージックに寄った楽曲を生み出す高瀬さん。

そこで、バカボンさんが高瀬さんの音楽を命名!

その名も「Park Pop」

公園は様々な人、そして都会的である部分や自然に近い部分など様々な面を持っています。
そんな公園で聴きたい曲として、ジャンルを確立していける高瀬さんを表した言葉ですね!

そんな高瀬さんは現在Youtubeにてリリックビデオを公開中!
サブスクも解禁しております!

是非お聴きください♪

その他、詳しい情報は高瀬統也さんのHPをご覧ください。

 

ご出演いただきありがとうございました!!

 

14時台は【Wiz Favorite Songs】

このコーナーでは、バカボン鬼塚さんと川﨑玲奈さんがお互いにテーマを決めて選曲し、お届けします。

水曜日はバカボンさんが選んだテーマで、玲奈さんが選曲!
テーマは「普段だったら自分は絶対聴かない桜ソング」

『CHE.R.RY/ YUI 』をお届けしました!!

ピュアすぎる恋愛ソングが出ると「でたよ、、」と思う玲奈さん!
自分は聞く機会がないなと仰っていました!

 

今日の放送はradikoからタイムフリーで聴くことができます!!

明日もお楽しみに!!