こんにちは、藤井ともよです!

今日は12時台に浜松市中区にある

「浜松市立  賀茂真淵記念館」にお邪魔しました。

お話を伺ったのは、学芸職員の池谷昭広さんです。

郷土の生んだ偉大な国学者であり歌人、教育者の賀茂真淵の

功績を紹介しているこちらの記念館。

館内には、賀茂真淵翁ならびに翁の師と門流、

遠江の国学者などに関する資料が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月28日から新たな展示「令和2年度 平常展 前期

賀茂真淵と近代国学者の国語研究」が始まりました。

私たちが現在、国語の授業で学んでいる文法や

仮名遣いの基礎を作りあげた研究について紹介しています。

仮名遣いは当初、「アイウエオ」ではなく

「アイウエヲ」だったというような興味深い発見も!

賀茂真淵や国学者たちの研究、努力の跡に

ぜひ、触れてくださいね。

※浜松市広聴広報課がお送りしました