こんにちは、藤井ともよです。

今日の12時台は浜松市西区舘山寺町にある

「はままつフラワーパーク」へ。

理事長の塚本こなみさんにお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開園50周年を迎え、スケールアップしたフラワーパーク。

新設のスロープカーも人気を集めていました。

スロープカーは高低差のある場所を1分半で楽に

移動できます。高齢者の方々や車椅子をご利用の方々も

園内をより快適に楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあそして、この季節、最も注目なのが桜!

現在、七分咲き。今週末には満開ということで、

1300ほんの桜と50万球のチューリップが織り成す花の競演、

『世界一美しい桜とチューリップの庭園』は夢のような美しさです。

桜に続いては、70メートルと80メートルのフジの花が!

魅力的なリレーが楽しめます。花のチカラに癒されるひと時を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時台も引き続き西区舘山寺町から。

「浜松市動物園」のゾウ広場にお邪魔しました。

お話を職員の栗田幸紀さんに伺いました。

4月に入り、動物園でも桜が咲き始め、桜色と動物の姿が

インスタ映えするシーズンとなってきました。

本来なら毎年恒例の「春の写生大会」があるのですが、

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から

延期となりました。開催される日を楽しみに待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、4月のイベント、ゾウの「ハマコ」の日、

オラウータンの「ムカ」の日も中止となりました。

ハマコもムカも今月が誕生月。イベント以外の方法で

お祝いを企画しているとのことです。

ちなみに、ハマコは49 歳、ムカは50歳。

浜松市動物園きっての長寿動物です。

ただ、新型コロナウイルス対策で、時間によって観覧室を

閉鎖しますので、午前9時から午後2時までの来園がおすすめです。

ハマコやルカのほか、昨年、生まれたキリンの「ルイ」、

レッサーパンダの「アラタ」と「ミライ」も大人気!

元気いっぱいに春を楽しんでいる動物たちに会えば、

きっと笑顔になれますよ!

まずは体調管理に努め、新型コロナウイルス対策を

万全にして過ごしてくださいね。

※浜松市広聴広報課がお送りしました。