こんにちは、藤井ともよです!

今日の12時台は、浜松市中区早馬町の

「浜松文芸館」にお邪魔しました。

お話を伺ったのは、館長の鈴木隆之さんです。

浜松文芸館は、浜松市や遠州地方ゆかりの

文芸作家の資料を収集、保存しています。

年間を通して平常展、企画展が開かれる中、現在は、

特別収蔵展「小百合葉子『劇団たんぽぽ』とともに」を

開催しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇団たんぽぽといえば、全国の小学校で公演活動を行う

児童劇団。1946年の設立で累計公演回数は4万4000回!

私も小学校の時に体育館で見ました!

その創立主宰者で、児童演劇と劇団に生涯を捧げた

小百合葉子さんの足跡を紹介する特別収蔵展です。

実際の舞台で使われている衣装や人形などもありますよ。

「すべての子どもたちに夢を」という小百合葉子さんの思い、

皆さんもぜひ、感じ取ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※浜松市広聴広報課がお送りしました

 

続いて15時台は、浜松市北区三方原町にある

カフェ「はちまん」にお邪魔しました。

お話を伺ったのはオーナーの多幡尚美さんです。

今年3月にオープンしたこちらのカフェ。

明るくて広い店内、ナチュラルな木のぬくもりと

開放感を感じられる素敵なお店です。

多幡さんは以前、乗馬クラブでインストラクターを

務めていましたが「皆さんがくつろげる場所を作りたい」と

このカフェを始めたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリューム満点の唐揚げ定食やうずら卵のフライがのった

カレーなど、人気メニューがたくさんありますが、

その中でも多幡さんのイチオシは、オーガニックバナナを

花の香りがするまで追熟させて作るバナナジュース!

「バナナジュース大好きな私が作る『シャリ、トロ』

バナナジュースです。こだわりのベストバランスで配合した

バナナジュース、ぜひ、飲みにいらしてください」とのこと。

また、7月3日からかき氷もスタート!

モーニング、ランチ、ティータイムと楽しめる

ひだまりのカフェ「はちまん」。注目ですよ!

※遠州信用金庫がお送りしました