8月11日(火)、「ラジラ版:この問題、とけますか?」です♪

毎週火曜日は、頭の体操の時間!「ラジラ版:この問題、とけますか?」。

元静岡大学教授で、ベストセラーとなっているパズル本「この問題、とけますか?」の著者、
吉田敬一さんに作って頂いた「パズル」を出題!

 

問題はこちら!

AとBが100m競争をしました。
Aがゴールインした時、Bは10m後ろを走っていました。
そこで二人はスタートに戻り、
AはBの10m後ろにさがって、同時にスタートしました。
どっちが先につきましたか?

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

正解は…  Aが先につく。

理由は、Aがゴールした時、Bが10m後ろにいたということは、
Aが100m走る間に、Bは90m走ることになります。
すると、10m後ろからスタートしたAはゴールまで110m走ることになります。
したがって、Aが100m走っているとき(つまり、ゴールの10m手前)、
Bは90m地点を走っています。
つまり、ゴールの10m手前で、AとBは並ぶので、
そのさき10m走ると、足の速いAが先につきます。

リスナーさんのなかには「Aがゴールしたとき、Bはどこを走っていたんだろう」
と気にする人もいるのでは?
答えは簡単です。
Aが100m走るとき、Bは90m走るのだから、BはAの速さの0.9倍。
だからAが110m走るとき、
110×0.9=99m(つまりゴールの1m手前)を走っていることになります。

頭すっきりできましたか?
来週もお楽しみに~!

____________________________________

mo-ra@kmix.jp

https://www.k-mix.co.jp/message-radzilla

FAX:053-457-5000

____________________________________

たくさんのメッセージ&リクエスト

お待ちしております♪