イベント&キャンペーンEVENT & CAMPAIGN

2019年3月に行われたK-mix 主催の静岡県内アマチュア・ミュージシャン・オーディション企画「神谷宥希枝の独立宣言 ザ☆オーディションVol.11」でオリジナル部門グランプリに輝いた静岡市在住の歌うたい 兼 消しゴム版画家、Ritomo。
受賞曲「我が春」は夜の世界に生きることを決意した女性の気持ちを吐露した、彼女の愛くるしいビジュアルからは想像できない曲でありながら、聴く者の心を満たす特異な曲。「一体、どんな人生を送ったら、こういう曲に辿り着けるのか?」「詞の世界観、歌の力強さ、ステージングに圧倒された」など絶賛の声が数多く寄せられた。

 

Ritomoレギュラー番組情報

Ritomo 電波上の二点間」(土 25:30~26:00)

 

izumi(K-mix MUSIC SPECTRUM)によるライブ・レポートはこちら

 

畑中摩美×Ritomo 『秘密の花園』

2020年1月19日に行われた「畑中摩美×Ritomo presents おんなのつよさ、もしくはよわさ」(LiveHouse浜松窓枠 cafe AOZORA )から、お互いに好きな相手楽曲を選び、二人でセッションする、という最終パートからのライブ映像。

 

畑中摩美×Ritomo 『トマトソーススパゲティ』

2020年1月19日に行われた「畑中摩美×Ritomo presents おんなのつよさ、もしくはよわさ」(LiveHouse浜松窓枠 cafe AOZORA )から、お互いに好きな相手楽曲を選び、二人でセッションする、という最終パートからのライブ映像。

 

『我が春』 木下望(STARMARIE)with Ritomo

2019年12月21日に行われた「K-mix presents Ritomo×STARMARIEクリスマス音楽会~ファンタジーなニ点間~」で、オーディエンスから大絶賛された木下望(STARMARIE)がRitomoのバッキングで歌った『我が春』(Ritomo作詞・曲)のライブ・テイク。
あのRitomoの世界観を残しつつも、のんちゃんカラーも加わったもう一つの『我が春』をご堪能ください。

 

 

Ritomoオリジナル初公式MV 『我が春』

2019年、静岡の音楽シーン、音楽ファン、リスナーを賛否の渦に巻き込んだRitomo『我が春』のMVは、何と!本人出演なしの全編アニメーション作品!!制作はRitomo『ノーサイド』のMVも監督した松永遥(静岡文化芸術大学4年)。あの『我が春』はアニメーションでどう変わったのか?それとも変わらなかったのか?

 

川﨑玲奈 ポエトリー・リーディング with Ritomo『どうでもいいこと』

2019年11月2日(土)に行われた「川﨑玲奈×Ritomo 同い年トーク&ライブ 川﨑玲奈命名 Ritomoは『歴史』(LIVEHOUSE 浜松窓枠 Cafe AOZORA)での川﨑玲奈朗読、Ritomoバッキングによる『我が春』に勝るとも劣らないRitomo最重大作『どうでもいいこと』のポエトリー・リーディング。

 

Ritomo、松任谷 由実『ノーサイド』をエコパスタジアムで歌う

Ritomo、松任谷由実『ノーサイド』をエコパスタジアムで歌う
2019年8月28日(土) 日本対アイルランド戦での「エコパの歓喜」で、日本中、いや世界中から一躍脚光を浴びたエコパスタジアム。
Ritomoはそれを予感してか、「歓喜」から遡ること約1か月前、すべてのラガーメンへのアンセム「ノーサイド」をカバーしたMVを、松永遥(静岡文化芸術大学4年)監督のもと撮影していた!

 

Ritomo「我が春」について

一覧へ戻る

K-mix SNS

MEGA PUSH TRACK