NOW ON AIR

Wed

15:08 - 17:50

新着情報

LIVE PROGRAM

K-mix SNS

公式twitterアカウント

公式facebookアカウント

K-mix MOVIE

花よりだんご 素敵なシーンウォッチング FILE 54

K-mixのラジオ番組『K-mix Wiz.』の1コーナー、「ラジオで見る静岡」(毎週月曜12:21~)は、毎週静岡の素敵なシーンをご紹介します!

K-mix Wiz. オフィシャルサイト↓
https://www.k-mix.co.jp/wiz​

K-mix ラジオで見る静岡 オフィシャルサイト↓
https://rms-kmix.com​

法多山名物だんご企業組合Official Website
公式ウェブサイト↓
http://www.hattasan-dango.com/

先週は、静岡の春の花をお送りしましたが、今週は団子です。 花とそして団子とくれば、花より団子というフレーズが思い浮びますが、辞書を引いてみると「花見に行っても、見ていて美しい桜の花より腹の足しになる茶店のおいしい団子を喜ぶことから」と書かれています。また“江戸いろはかるた“では、花より団子とは風流より実利を選ぶことをたとえた諺と書かれていて、単純に昔から人々は花見をし、そして美味しいものを食べていたのでしょう。庶民の春を感じさせるワンシーンがここにありました。
静岡で美味しい団子に綺麗な花となれば、ここ法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)は外せないでしょう!法多山尊永寺は、静岡県袋井市にある高野山真言宗別格本山の寺院で、寺号の「尊永寺」よりも山号の「法多山」の名で広く知られている遠州三山のひとつです。また、厄除け観音としても知られ、厄除だんごが名物となっています。 参拝に行った帰りに、ちょっと休憩してお団子とお茶をいただく、そしてお土産にお団子を買って帰る。なんだかとても平和な気分にさせてくれる取り合わせです。取材の時はちょうど桜が満開の?法多山さくらまつり“の期間中で、団子と桜ががっぷり四つに組んで、目は桜、口は団子と言うようにどちらにも軍配上げられない状況があちこちで展開されていました。
この団子、5本の串に刺さっていて、それを一本一本はずしながら食べるのですが、五本の串にさした団子は、頭・首・胴体・手・脚を表しており、団子に厄除けの意味を込めた事だと伝えられています。詳しい話を、法多山名物だんご企業組合 代表理事 井谷哲朗さんに伺うと「最初は15件のお団子屋さんがあって、それがひとつになって現在の大きな茶屋スタイルになったのですよ」と何軒かのお店が集まった故に法多山名物だんご企業組合となったのだと教えて頂き、納得しました。
詳しい「くし団子」の由来ですが、法多山はその昔、神亀2年(725年)聖武天皇の勅(みことのり)により行基上人が開山した高野山真言宗別格本山であり勅願定額寺の列に偶せられ、朝廷、武将の篤信を授け信仰、文化の殿堂として栄えました。特に法多山では、毎年正月江戸幕府の武運長久、天下泰平、五穀成就の祈祷を奉修し、祈祷ご符と当地名産品を献上する習わしであったそうで、十三代将軍家定の頃(1854年)門前に住する寺士八左エ門の発案による観世音名物団子が登城の土産に添えられました。将軍家より「くし団子」とご命名賜り以来、一般参拝客の賞味するところとなり、俗に厄除団子と呼ばれ親しまれ今日に至るのです。また、お団子の食べ方やお団子をおみやげとして配る習慣など、法多山参拝者各々の思いがあるそうです。(ホームページより引用)
兎に角、法多山に行ってこのくし団子を食べずして帰ろうものなら、厄除けどころか悪霊たちが寄ってきそうな気配すら感じるくらい、参拝者のほぼ全員(たぶんですが)が食べたりお土産にしたりする人気者なのです。もちろん、私たちスタッフ全員、かなりの厄除け効果が期待できるほど頂き、そしてお土産もしこたま買って帰りました! これでKimxの「Wiz」を始め、日本いや世界平和がやって来るでしょう! 今週の素敵なシーンは、法多山厄除だんごです!

MEGA PUSH TRACK