K-MIX ALWAYS BE WITH YOU.

『うなぎいも』に深い縁を感じてしまいました

ラジオネーム うなチャン さん

先週、久保ひとみさんのラジオを聞いていて『うなぎいも』初めて知りました。
干し芋大好きすぎる私は、今年の2月に第一子となる娘を出産した時も、陣痛室で痛みに耐えながら、軽食のサンドイッチ...でもなく、おにぎり...でもなく、なんと干し芋を食べていました!
付き添ってくれた旦那さんが撮っていたビデオにも、干し芋を片手に奮闘する私がばっちり映っています。
ラジオから流れるうなぎいもの話を聞きながら、無事産まれてきてくれた娘(ギャン泣き中)に、ほっこりあたたかい気持ちになりました。
因みに、いも好きな私の幼少期のあだ名は『芋ねぇちゃん』でした。
旧姓が『う』ではじまるので苗字と名前の頭をとっても『うなチャン』。
娘の名前も『ゆうな』。
なんか、『うなぎいも』に深い縁を感じてしまいました!笑

久保ひとみ&ユーコ・タケダが選んだエピソード

ラジオはずっと、ずっと私の味方

ラジオネーム えっつん さん

あれは、私が大阪からダンナさんのある静岡に嫁いだばかりの21年前の事。
知っている人が誰1人としていない中で、ダンナさんは大好きだけど、やっぱり日中は淋しい気持ちでいた時の事。
家事の途中にラジオから、マッキーの「遠く遠く」が流れて来て。
急に大阪の母やきょうだいや、友達に会いたくなって、手を止めて号泣してしまいました。
そのパーソナリティの方も故郷から出て来た時に、この曲に故郷への愛と頑張ろうという気持ちになって、勇気をもらったって言ってて。
ラジオに向かって、泣きながら頷いていました。
あれから21年。2人の子供にも恵まれ、最近は旅行に行っても、静岡の風景が見えるとホッとする今日この頃(笑)。
この間に、ラジオはずっと、ずっと私の味方でした。
看護師の仕事と妻と母と、毎日フル活動ですが、ラジオには、温かい気持ちや、笑いや元気をもらえて今があります。
ラジオならではの温かさは、やっぱり大好きです!

わたなべだいすけ&柴野真理子が選んだエピソード

御代田さんの番組をきっかけに、好きなアーティストを見つけることができました

ラジオネーム たとたん さん

普段からK-mixの各番組を聴いていますが
私が知らないアーティストやグループがゲスト出演したときは、あまり聞き入らず、気にとめていませんでした。
ある時、HITS ON PARADEのゲストでカノエラナちゃんが、出演したとき、彼女の登場時に挨拶代わりに歌った「たのしいバストの数え歌」を聞いた瞬間、衝撃が走りました。
自虐的だけど同情をかき立てる歌詞、かわいい歌声かと思いきや少し妬んだ感情がスッと入ってくるメロディ。
トーク時とのギャップに一瞬でやられました。
その後、動画サイトで彼女の曲をいろいろと聞き、すぐさま彼女のファンになりました。
今では彼女の髪型を真似してみたり(失敗しましたが。苦笑)、ギターを始めてみようかなと思ったりと、すっかり彼女のトリコです。
御代田さんの番組をきっかけに、好きなアーティストを見つけることができました。
ありがとうございました。

御代田悟が選んだエピソード

番組は、変わって行きましたが私の、心はあの時のままでした

ラジオネーム ほりほり さん

私がラジオに出会ったのは、20年ほど前になります。
その頃のパーソナリティは確か、伊藤浩司さんだったかと思います。
私は、その頃の当時はFM静岡でした。夜になると自分の部屋に行き真夜中まで聞き入ったものでした。
今でも当時の感覚がラジオを聴いていると蘇ります。
20年経った今。私は当時と何か変わったのかなと思うのですが、気持ちはほとんど変わっていません。歳をとった中3のまんまです。
番組は、変わって行きましたが私の、心はあの時のままでした。
娘に、ズミさんとパパ会ったことあるんだよと言ったこともありました。
ラジオから流れて来る声、音楽に、毎日、毎日励まされて今日まで頑張ってきました。
そして、これからも、ずーっと、ずーっと、聴けるだけ聞きたいと思います。
私にとってラジオは、静岡の空のようなものです。
みんな同じラジオを聴いていると思うと。 長くなりましたがこれからも、陰ながら応援させていただきます。

高橋正純が選んだエピソード

肩の力が抜けて、緩くがんばろう!と思えました

ラジオネーム みどバナナ さん

鬼さん、茉奈ちゃんこんばんは☆
自分で選んだ今の生活ですが、がんばりきれず家事は後回しでやることが後手後手。
朝は寝坊している訳ではないのにいつの間にか出社時間ギリギリになり、毎日のように遅刻していました。
そんな頃、昨年の鬼さん、茉奈ちゃんの正月特番を聞いて、1年の始まりにいきなり「来年の目標」を募集していてふっと笑ってしまいました。
「もう?」と思いながら、自分のこの状況も笑いにしてしまおうと投稿したところ、鬼さんに読んで頂いた上に「ルートイン(チケット)あげる!」と言われ、正月から娘と爆笑でした。
肩の力が抜けて、緩くがんばろう!と思えました。
宣言したおかげか?遅刻ではなく遅刻ギリギリになりました( ̄∀ ̄;)
来年はもっと早めに出社できているハズ!(笑)

加藤ジュン&高橋茉奈が選んだエピソード

ロニさんに、聞いてほしかったから

ラジオネーム グレイおじさん さん

RADIOKIDSで『お弁当』のテーマで投稿を読んでいただきました。
リスナーさん達の数々の楽しいお弁当エピソードの中、僕の送ったエピソードは、明らかに場違いな内容でした。
なら、なぜ場違いな投稿をしたのか。
それは、ロニさんに、聞いてほしかったから。
投稿を放送では読めなくても、きっと目を通してくれるに違いないと信じていたから。
そんな気持ちに答えてくれるのが、ラジオとパーソナリティの方々です。
あの日は本当にありがとうございました。
選曲してくださった大好きな歌と共に、何回も聞き返しました。
とても、何かが救われた気がしました。

DJ Roniが選んだエピソード

あのタイミングであの曲が流れて来たのは、僕にとっては天啓としか思えません

ラジオネーム 匿名希望 さん

◯年前、K市で新規に開店する飲食店のオープニングスタッフとして働く事になりました。
私は飲食店勤務経験も長く、それまでは責任有るポストを任されていた事もあったりしたので、更なるキャリアアップと将来の独立を目指し、働き始めました。
が、そのお店のオーナーシェフと反りが合わなかったのでしょうか、お客様の前での叱責だけなら兎も角(私も至らない点が有ったのでしょう。今も何故なのかは解りませんが)、接客中に(?)殴られ蹴られ、シェフの意向に添えない事、楽しいお食事中にお客様にご不快な姿を見せる事、毎日がストレスになっていきました。
命じられた仕事を完了するためには、am5:00に出勤してナプキン・テーブルクロスのアイロン掛け~店内掃除~仕込み準備をしなければ間に合わず、ランチ終了後は営業宣伝活動にバイクを走らせ、ディナー終了後にはキッチンの片付け・洗い物・翌日の準備など、帰宅は0時を回る日が殆どでした。
三ヶ月を経る頃でしょうか、体重は15kg減り、人生初のイボ痔になり(笑)、発声が困難に(掠れた声しか出ない・・・)なってきてしまいました。
仕事の事しか考えられず、どうしたらもっと要領よくやれるのだろうか、どうしたらお店は盛り上がるのか、どうしたらシェフ(王様)と上手くやれるのだろうか・・・身も心も尽き果てた、のはあの経験が初めてでした。
「実は飲食向いてないのかな・・・一心不乱でやってきたのにな・・・明日出勤しなくていい様な言い訳無いかな・・・今、交通事故で死んでしまったら、明日は仕事行かなくてええんかな・・・」みたいな事を考えながら、車で家路に着いた時・・・カーラジオから流れてきたのは、ウルフルズの"ええねん"でした。
「情けなくてもええねん!叫んでみればええねん!苦い涙もええねん!ポロリ溢れてええねん!
ちょっと休めばええねん!フッと笑えばええねん!それでええねん!それでええねーん!!」
あのタイミングであの曲が流れて来たのは、僕にとっては天啓としか思えません。 オーナーシェフに辞意を伝え、翌々日に退社しました。 あの、暗くて狭い一本道を歩いていた日々はなんだったんだろう!あんな自分の状況を救ってくれたのは、偶然ラジオから流れた一曲でした。あの日あの時間にその曲を聴く事が出来なければ、若しかすると今の自分は無いのかも知れません・・・。
「ラジオって・・・あっっっったかい!!!!!」 今、自分が生きていられて、綺麗な奥さんも貰えて、仕事も充実(飲食では無いですが笑)しているのも、全ては、あの"ええねん"でした。
リスナーの皆々様にも、そんな「あったかい」が訪れます事を・・・。

南真世&日下純が選んだエピソード

とても記念に残る入籍日になりました

ラジオネーム hello_hello さん

今年の3月9日に入籍しました。
婚姻届を市役所へ提出し、私たちはラジラを観に浜松のビュースタ前へ行きました。
旦那と付き合うまではラジオを全く聴いたことなかったし、まだその頃は少しずつ聴き始めたくらいだったので、ラジラの時間帯にビュースタ前に行くのはなぜ?と思いました。
しばらくするとズミさんのおめでとうメッセージのコーナーが始まり、そこでズミさんにおめでとうメッセージを読んで頂きました。
どうやら旦那が前もってメッセージを送っていたんだと思います。
ズミさんに手を振ってもらったり、ツッコミされたりと、ガラス越しですがとても嬉しかったです。
すると、突然おばさんに声をかけられ、もしかして今日入籍した方ですか?と。
私たちがはい、と答えると笑顔でおめでとうございます~車の中で聴いていて、ビュースタの前を通ったら2人がいたのでもしかしてと思って。とおっしゃられていました。
ただラジラで大好きなズミさんにおめでとうを言ってもらおうと旦那は考えていたようですが、まさか車からわざわざ下りてきてくださって、祝福のことばまで頂くことになるとは!
更にはその後にきた家族連れの方たちにももしかして...と聞かれ、初めて出会った方たちに2回も祝福して頂くことが出来ました。
ラジオを通して、とてもあたたかく、とても記念に残る入籍日になりました。
ありがとうございます。
これからも楽しみにしています!

高橋正純が選んだエピソード

その日の気持ちを色々と共有できるラジオ

ラジオネーム アントニオジュニア さん

私にとってラジオは生活の一部で、特に営業の仕事で営業先を巡る際によく聞いています。
ある日営業先でとっても感謝されて、「この仕事をやってて良かったな」と思った事があったのですが、その時にラジオから曲名は分からないのですが、「ありがとう」という歌詞が沢山出てくる曲が流れてきたときはちょっと泣きました。
その日の気持ちを色々と共有できるラジオはやっぱり暖かいと思いました。

加藤ジュン&高橋茉奈が選んだエピソード

おもしろいことを一緒に笑い合える

ラジオネーム コヤショウ さん

ラジオを聴いていてパーソナリティと笑うタイミングが一緒になったとき。
なんか家族のようにあったかい気持ちになります♪
おもしろいことを一緒に笑い合える!
とても幸せを感じられる瞬間です!!!

DJ Roniが選んだエピソード

付き合っていた彼が出演していました

ラジオネーム ハートチョコ さん

私はパソコンが大好きで、毎日1~2時間はパソコンの前に座ってます。その時に欠かせないのがラジオです。最近はラジコで聞いています。
先日、ラジオを聴いていたらなんと、大学の時に付き合っていた彼が出演していました。会社の宣伝だったのですが、思いがけず彼の昔と変わらない声を聴け、付き合っていた当時を思い出してじ~んときてました。その後、彼のリクエスト曲がかかったのですが、私と一緒にドライブに行った時によく聴いた曲でした。彼も私の事思い出したかな!?なんて思いあったかい気持ちになりました。20年以上前の彼ですけど(^O^)/

南真世&日下純が選んだエピソード

今日もどこかで誰かの心がラジオで癒されますように

ラジオネーム 匿名希望 さん

我が家の子供は元不登校児です
ある時、モーニングラジラのメッセージテーマが「オール」の時がありました。
私は「子供が中学校の時不登校で通知表はずっとオール1でした。でも今は高校へ進学し毎日充実した生活を送っています。もし今ラジラを聞いている不登校のお子さんを持つ親御さんがいたら「オール1でも大丈夫」と伝えたいです」とメッセージを送ったところズミさんに読んでいただけました。
誰かに届けばいいなぁ、と思っていた翌日、この日のラジラのメッセージテーマが「傷」。
いつものように聴いていたら、不登校の保護者の方からのメッセージで「昨日『オール1でも大丈夫と言うメッセージを聴いて、たくさん傷を負ったけど、傷が癒されました。』」という内容をズミさんが読んでくれました
あの時の私の想いはちゃんと知らない誰かに届いていたんだと、とても胸が熱くなりました。
どちらのメッセージも読んでくれたズミさんにも感謝です。
この時本当に「ラジオってあったかい」と思いました。 今日もどこかで誰かの心がラジオで癒されますように。

高橋正純が選んだエピソード

心配した母は、自分にラジオを買ってくれました

ラジオネーム ばれんじ さん

私は半年ほど前に体調をくずし、一日も学校にいけなくなってしまいました。色々な病院にいったのですが、それでも体調は悪化するばかり。なにもできず地獄のような日々を味わっていました。 部屋で寝ていることが多かった自分に、心配した母は、自分にラジオを買ってくれました。正直全く興味がなかったラジオを聴いていく度にどんどん好きになっていき、一日のほとんどの時間、ラジオを聴くようになりました。ラジオを聞いている間はからだが楽になり、苦痛を忘れることができました。
そしてその頃から体調がよくなっていきました。今思えばこれは偶然じゃなく、ラジオによって励まされ、明るい気分になっていき、なおっていったのだと思います。
今はまだ完治までは至っておりませんが、体調は徐々に良くなっている傾向にあります。そして少しながらも学校に行けるようになってきました。これからも大好きで暖かいラジオを聴きながら、素晴らしい学校生活を送りたいです。

加藤ジュン&高橋茉奈が選んだエピソード

彼女のメッセージに支えられ、今日も看護を頑張っています

ラジオネーム コシモ さん

看護師をしています。
病院の仕事を終えて、疲れた時、帰宅時にラジオを聞いてました。
番組で、ロニさんが、頑張る人を励ますコーナー。
そこで、4月から看護学生になった人を励ましてました。
メールを送った人は、憧れの看護師の第一歩を踏み出して嬉しい、理想の看護師目指して頑張るとのことでした。
新年度始まり、忙しい私。理想の看護師を目指す彼女のメッセージに恥じない看護をしようと思いました。
彼女のメッセージに支えられ、今日も看護を頑張っています。

DJ Roniが選んだエピソード

ラジオで、電気代、節約しようと思っていました

ラジオネーム れいまま さん

アパートの1室に3人家族で住んでいた私たち、当時は、絵にかくような貧乏生活を送っていました。
最初はラジオで、電気代節約しようと思っていました。
最初に聞いた番組で、前日にメッセージを送り、番組のスタートから聞き入っていました。
まさか、読まれるとは思っていませんでしたが、最後の方で、ラジオネーム、メッセージの内容、しかもプレゼント当選しました。
残念ながらそのパーソナリティさんは、卒業してしまいましたが、うれしかったです。
それを境に、いろんな番組の公開放送、イベントへ行き、ほかのパーソナリティさんとも話をしました。
イベントで印象深いのは、一昨年の三保海岸清掃、何気ない話に、うなずいていたら、
ひる協の日下君が、「うなずいてくれてありがとうございます、お母さん...。」「お母さん」って言ってくれました。
実は、小6の娘の担任が日下君そっくりだったので、なんとなく、何かの縁を感じていました。
また三保でやるようだったら行きたいと思っています。今後もラジオを聞きますね。

南真世&日下純が選んだエピソード

おめでとうメッセージ

ラジオネーム よしちゅっちゅー さん

モーニング ラジラでは、よくおめでとうメッセージを読んでもらってます。
自分のを読んでもらったときはとても嬉しいです。時間的に10:40頃からの聴取になるので今年はradikoで聞きました!便利ですよね。
こうやって聞けるようになって本当によかったです。改めてずみさん!いつもメッセージ読んでいただいてありがとうございます!
これからも楽しく聞かせて頂きます!

高橋正純が選んだエピソード

夫婦の距離を縮める素敵なラジオ

ラジオネーム ビューンとフライングバナナ さん

静岡市出身、同級生夫婦の我が家ですが・・・。
結婚17年が経過して、幸か不幸か子供に恵まれず、少しずつ、会話が少なくなっていく物です。
私の話は、ラジオネタが多くなり、彼の話は、仕事のこと。
子供という共通点が無いから、何となく会話が盛り上がらなくなる時期になりました。
今まで、彼が言うには「聞いてないラジオの話しなんて俺には分からないから辞めてくんない?」
と、嫌がられてしまい寂しい気持ちでいました。
しかし、ピンソバが始まってから聞いて無くても盛り上がれる小ネタが多く、静岡の話題も多いので、静岡から離れて過ごしていても地元ネタなら盛り上がれるという幸せのループに入りました。
何よりも、彼に好評なのは茉奈さんのちょっとズレた所。
ラジオを聞かなくても面白いらしいです。
彼も最近はラジオを聞いて、投稿して読まれて楽しいという感覚を持ってくれているみたいです。
夫婦の共通の会話はピンから、ニアピンになってきています。
これからも、夫婦の距離を縮める素敵なラジオをお願いします。

加藤ジュン&高橋茉奈が選んだエピソード

ロニさんの言葉で一気に力が抜けました

ラジオネーム プレミアム母ちゃん さん

43歳の初心者リスナーです。今まで、テレビを見て番組を楽しんできました。たまたま娘が入院して、ちょっと気持ち疲れが出てた時、何気なくラジオを聞いていました。ラジオからは明るく皆さんの投稿を読む声。お互い隣にはいないのだけど、すぐ側で会話している感じがして、聞き入ってしまいました。それと色々なリスナーがこんなに沢山いるんだ~驚かせました。それから最近、車の中で笑いながら聞いているのですが、K-mixのロニさんが、午後の睡魔と戦っているというエピソード対して、「別に戦わなくても いいんじゃないかなぁ~何に対しても戦っちゃいけないんだよ。」とサラリ。私は日々せかせかして、いつも疲れてました。ロニさんの言葉で一気に力が抜けました。そうだ!戦わなくて、もっとラフでいいんだって。すごく暖かな気持ちです。ラジオからは見えない分色々な想いがみえるから 良いんですね!

DJ Roniが選んだエピソード

もしかしたら祖父からのメッセージ

ラジオネーム たくちゃんとか さん

普段あまりラジオは聴きません。聴いていても、右から左・・・なんとなく聴こえてくるという程度でした。
その日も仕事が忙しく、渋滞にややイライラしながら車を走らせていました。
すると『じじばばにおはなをおくろう組合』のメッセージが流れてきました。
祖父が亡くなった直後だったので、おじいちゃんおばあちゃんへのメッセージに胸が熱くなり、涙が出ました。
一度くらい、しっかりお礼を言っておけばよかったな・・・なんて少し後悔しましたが、祖父ならきっとこんな私を向こうから笑っているんだろうなと思うと、また目頭が熱くなりました。
ラジオってあったかいですね。
あの日から、おひるま協同組合を聴くのが日課です。
最近は渋滞にイライラすることもなく穏やかに運転もでき、仕事も順調です。
もしかしたら祖父からのメッセージかもしれないとも、思っています。

pagetop