K-MIX ALWAYS BE WITH YOU.

よその子って怒れる?怒った方が良い?&明日は信用金庫の日!!

2017 6 / 14

こんにちは、ひる協ADです!

今日の話題は「よその子って怒れる?怒った方が良い?」でお送りしました。
怒るというとあまりいいイメージはありませんが、小さい頃に怒られた記憶は大人になってもまだ教訓として残っていたりしますよね。
近所のおばあちゃんですとか、いわゆるかみなり親父ですとか、他にも学校の先生に叱られたりした経験がある方は多いのでは?
ADの自分の家の周りにはかみなり親父のような人はいなかったんですが、自宅では父と兄の二人による説教タイムがあったので、
自分もそういう記憶は結構な数あるんですが、書き始めると恐らく止まらないのでこの場では割愛させて頂きます。

ただ自分が叱る立場になると、今日の話題の中心である「よその子」への対応は自分の家族以上に考えなくてはいけない場面も多々あるかと思います。
ということでみなさんから子どもへの怒り方、経験談やリスナーさんが小さい頃のお話をきかせていただきましたよ。

まず何かが起こってよその子に怒らなければならない時に怒るか、それとも怒らないかに分けると今日の放送ではよその子でも怒るという方が多く感じました。
町中やお店、病院などで走り回るなど迷惑な事をする子どもたちには、よその子でも注意する・叱るという方が多かった印象で、
注意をすれば、相手も自覚をしてやめてくれるとのメッセージもあったので、叱ることの意義を改めて考えられる放送だったんじゃないかなぁとも思いますよ。

ただ一部では注意した後に相手の親御さんとの熱いバトルが繰り広げられたケースもありました、
自分は相手の子どもの事を思って叱っているのに親には真意が伝わらないというのも多いようで、子どもを注意したら相手の親に逆切れされたとのメールも。
こういったいざこざが苦手だから・問題に発展するのが嫌だからよその子には何も言わないという方も何人かいらっしゃいましたね。

そんな中小さい頃の経験談を送ってくださったRNまつ毛ながお さん。
このメール個人的にものすごく好きで何度か読み返してしまったんですが、内容はのような感じでした。

まつ毛ながおさんが小学校低学年の頃、
学校の帰り道、友達と帰っていたまつ毛ながおさんは道端に木から落ちた柿の実を見つけまして、
そしてこの柿の実を走ってきた車に踏ませて粉々にしようと考えたそうです。 しばらく待つとトラックが走って来たので、タイミングを合わせて歩道から柿をコロコロ転がします。 思惑通りトラックのタイヤは無情にも柿を粉々に粉砕し、うまいこといったと友達とゲラゲラ笑っていたら、
柿を踏んだトラックから大声をあげながら下りてきたおじさんに「どこの学校だ!クラスと名前言え!」と、ものすごく怒られたんだそう。

この話だけを見ると悪がきの一言に限る内容なんですが、まつ毛ながおさんは続けてこのように書いて下さっています。
「でもその頃はそれが危ない事だと気付いていないんです。
大人に怒られて初めて、いけないことなんだ、危ないんだ、と知るんです。 あの時あのおじさんに怒られていなかったら、同じことを続けて、もしかしたら大事故に繋がったかもしれません。
そういう意味でも、大人がしっかり怒ってあげないといけないと思うんです。」

このメールを読んでまず最初に柿の実を車に踏ませようとする事に放送中ながらも笑いがとまらなかったんですが、
後半の文章は大人がこどもを叱る理由そのものだと感じてとても納得させられました。
今思えばこういう理由で大人たちは怒っていたんだなとか、この意味がもっと早く分かってたらなんて思ったりもしましたね。

番組中盤には、ひる協に度々出演してくださっている、
常葉大学教育学部生涯学習学科 准教授の木宮 敬信先生にこどもとの接し方についてお話を伺いました。 

木宮先生によれば、まず「怒る」「叱る」は全く違う二つであるとのこと。
「怒る」とは自分の感情をコントロールできずに相手にぶつけること。
「叱る」とは相手の事を思い、自分の感情をコントロールした上で相手を諭すこと。

両者は一見すると似ていますが、中身に相手への愛情があるのとないのとで大きな違いがあるんですね。
ただし、愛情があったとしても叱るだけでは相手の心には響きません。叱ること、と同時に相手を褒めることも非常に大事です!

更に最近はいわゆる「かみなり親父」のような人が少なくなっているのでは?との質問に、
木宮先生は今の社会にこどもと大人とが関わる機会や場所が減ってきたからなのではないかとのことでした。
以前は今日のメッセージでも頂いたような近所のおじいさん・おばあさんや隣のオヤジなど、「近所の大人」や「地域の大人」で子どもを育てていたのが、
現代では核家族化が進み、こういった近所との関係が希薄になっているんだとか。
木宮先生曰く、地域の子どもを見守る「口うるさい大人」の存在は必要で、地域のこどもを地域の人全員で見守るというのがベストだそうです。

子どもの知らないことを身を以て経験させるということは今の時代にはとっても大事なことかもしれませんね。
もちろん人の子どもを叱るなんてけしからん!という方もいらっしゃるかと思いますが、
それのおかげで知らないことを知って、子どもの教訓として今後の人生に役立つのなら自分はそれ以上の事はないんじゃないかなとADは思います。 


さてみなさん、明日が何の日かご存知ですか?普通の木曜日ではないんですねぇ~。

明日、6/15はなんとッ!「信用金庫の日」ということなので、次回木曜日の話題は「お金にまつわる 川柳大会!」です!!
サラリーマン川柳リスペクトでお送りする「お金にまつわる川柳大会」、季語の縛りなしでお金にまつわる5・7・5の川柳を皆さんお送りください!
明るい川柳、暗い川柳、笑える作品から読むとせつない一句などなど、みなさんからの渾身の一句お待ちしていますよ!


それでは次回の放送もお聴き逃がしなくっ!!

pagetop