K-MIX ALWAYS BE WITH YOU.

ジェネレーションギャップ!&明日の話題♪

2017 4 / 5

こんにちは!ひる協ADです!

今日はゲストにSPAC(静岡県舞台芸術センター)俳優の布施明日香さんと若菜大輔さんをお迎えしました!

 SPAC布施さん若菜さん.jpg

布施さんと若菜さんはゴールデンウィークに駿府城公園で上演される「アンティゴネ~時を超える送り火~に出演されるお二人です!
アンディゴネとは2500年前のギリシャ神話で世界で認められた舞台作品です!
監督は毎週土曜日19時~「宮城聰の頭のなか」でお馴染み、宮城聰さん!
2人1役という、1人が動作、1人がセリフという作品だそうです。ぜひ足を運んでみてください!

★公演情報

アンティゴネ~時を超える送り火~

ふじのくに野外芸術フェスタ 駿府城公園特設会場でプレ公演が決定しました!

♪5月4日(木・祝)
♪5月5日(金・祝)
♪5月6日(土)
♪5月7日(日)

各日午後6時30分から開演です!

チケットをお求めは演劇祭特設サイトまたはSPACチケットセンター TEL: 054-202-3399まで!

その他詳しい情報は、SPACオフィシャルサイトをご覧ください!

 

さて、今日の井戸端会議の話題は「10歳差のジェネレーションギャップ」でした!
日下さんと熊谷さんは11歳差ということで、

ジェネレーションギャップを感じる部分があるそうなのですが、

みなさんのメッセージにも

家の電話が当たり前の世代と、携帯電話・スマホが当たり前の世代というようなギャップや、
反町隆司さんなど若い人が俳優を知らない、「Choo Choo Train」はEXILEじゃなくてZOOだ!、などさまざまなギャップがありましたね

このようなギャップがあるのは、育った環境が違うからなんですかね?
(育った環境が違うって、たしかセロリの歌詞にもありましたね笑)

今回はNPO法人 しごとのみらい 竹内義晴さんに電話を繋いでお話を伺いました!

竹内さん曰く、
・10歳年が違うだけで全然違う!連絡ツールを例に挙げても、10年前はメールやポケベル、今はLINEやTwitterといったSNSが主流になっています
・職場への緊急連絡する際にも上の世代は電話以外を当たり前だと思っている方が多いが、若者はメールやSNSでもOKだと思っている人はいる。
・ジェネレーションギャップを乗り越えるためには、相手が当たり前だと思う背景がどのようなものか知ることが大切!
逆に自分が当たり前だと思うことがなぜ当たり前なのか考えることも必要!
・ジェネレーションギャップによる相手を拒否することはNG!
「~がダメだ!」のより「~の方がよい」というように、否定しないように話そう!
・コミュニケーションにおけるコツは決まったものは無いが、肯定的に伝えるようにしよう!
とのことでした!皆さんも参考にしてください!

私ADは懐メロが好きだったり、1990年代の文化に興味を持っているのであまりギャップは無いのかなって思ってました。
ただ、K-mixではゲストのチェキを撮るのですが、昨日初めてチェキを撮った時最初真っ白な状態で出てきてビックリしました!これがギャップなんですね笑

あと、カセットテープの話になった時、2歳年上の熊谷さんが見たことあるけど使った事がないと話してて、
高校2年までバリバリ使ってた自分にとってはなんだか複雑な気持ちでした・・・

今日から新コーナーが始まりました!その名も!

ARRCH presents マイホームラジオドラマ 「我が家は世界を救う!」

脚本はK-mix HITS ON PAREDEのラジオドラマ「サトールとレンジー」でお馴染み、鈴木研一郎さんが担当!

キャストは日下さんと熊谷さん!
ここからどんなドラマになるのでしょうか?現在キャストがまさかのここからのストーリーを知らないという状況ですが、展開を乞うご期待ください!

☆お茶のプレゼントのお知らせ!!!!

ひる協ではゲストの方に丸善製茶の「こころえ」でおもてなししていますが、お仕事を頑張る皆さんにもホッと一息ついて頂こうと思います!

170405.JPG

毎月最初のゲストインタビューの日には丸善製茶のおもてなしのお茶「こころえ」と「ほうじ茶 こころえ」、
そして丸善製茶オリジナル急須をセットにして1名様にプレゼントします!
外れた方も抽選で3名様にも急須と一煎用パックをプレゼントします!

欲しい!という方は
件名もしくは本文にお茶希望、本文にはお勤め先の企業名、住所、電話番号、お名前を記入して、hirukyo@kmix.jpまでに送ってください!
締め切りは本日24時までです!みなさまのご応募お待ちしています!

音楽協同組合」のコーナーでは現在産休中の後藤友香理さんに代わってバリトン歌手の大石陽介さんをお迎えしました!

大石さん2.jpg

大石さんは香川県出身、釣りと歌をこよなく愛する声楽家で、東京学芸大学大学院教育学研究科音楽教育専攻科を修了し、声楽を主とした音楽教育の研究を行っている他、静岡室内歌劇場団員、静岡県オペラ協会会員でいらっしゃいます!

大石さん曰く、声楽家にはカラオケめっちゃ行く!という人と全く行かない最近の曲わからないという2つに分かれて、大石さんは後者だそうです(^○^)

そして、「音痴はいない!練習すればよくなる!」とのことです!

ちなみに曲がかかっている時に熊谷さんにレッスンを行っていました!

大石さん1.jpg

横になって発声するレッスンもありましたが、写真は自主規制します!(笑)

ここから熊谷さんがどうなるか楽しみですね!

☆大石さんの予定

♪5月28日(日)藤枝市民会館にて
ふじの花交響楽団 第4回 定期演奏会ファミリーコンサートに出演します!
開場:13:30 開演:14:00

なんと、ひる協リスナー5人にこのコンサートのチケットをプレゼントします!
欲しい方は件名に「チケット希望」、本文に氏名、住所、電話番号を記入して hirukyo@kmix.jpまで送ってください!
締め切りは次回大石さん出演の4月19日(水)まで!

その他大石さんに関する情報はブログまたはふじの花交響楽団のホームページをご覧ください!

明日の井戸端会議の話題は、「女子高の秘密、男子校の秘密、共学の秘密

みなさんの出身は共学でしたか?それとも女子高・男子校でしたか?

例えば、共学にはわからない!女子高の秘密といったものを具体的に教えてください!
お待ちしています!

明日の放送もお楽しみに♪

pagetop