K-MIX ALWAYS BE WITH YOU.

神谷幸恵の独立宣言

検索

川口直久

2018/1/19

20180119_KawaguchiN.jpg


「river」
 


■Profile
浜松市在住
バンド経験を持ちながら、ソロとして活動。様々なアーティストとのコラボやCMソング作成も得意とするところ。地元の小学校に出向き「思い出の曲を作ろう!」といったイベントも自ら企画し演奏するなど、精力的に音楽の種を植え付けている。新作アルバムを春に発表予定。待ち遠しい。


■Information
 1/28 浜松こもでびまるしぇ
 2/11 沼津ガーデンライブ


【アルバム】
下記hp参照


【HomePage】

片岡達哉

2018/1/12

20180112_Kataoka.jpg


「どしゃぶりの雨に濡れながら」
 


■Profile
浜松市在住
「AQUABLUE CINEMA」というバンドのギター担当でありながら、「自分の活動領域をもっと広めたい」との思いからソロとしても活動をスタート。日本・四季・色を大事にしたいというメロディーと歌詞は、聴く者の心に色鮮やかな絵を浮かばせる。「ネガティブな要素がたくさん出る」と本人は言うが、それも、それこそ個性。アーティストとしての幅の広がりを期待せずにはいられない。


■Information
 2019 2/4 14時~浜松なんでモール


【アルバム】
 3曲入りCDあり


【HomePage】

ハレルヤ

2018/1/05

20180105_Hareruya.jpg


「津軽じょんがら節」
 


■Profile
島田市在住 高校生
津軽三味線 全国大会制覇!という冠をひっさげて二回目の登場。「曲のもつ背景を描きながら演奏する。ステージでは自分が一番だと思って弾く」と力強く答える。メンバーとして加わるのは相当の実力者だけに限られる、若手津軽三味線集団「疾風」のメンバーにもなり、来年には地元で凱旋ライブを行う。これからの彼の音楽人生がどのように花開いていくか注目せずにはいられない。


■Information
 2019 2/3 島田市「おおるりホール」


【アルバム】
 なし


【HomePage】

BILLY THE CAT

2017/12/29

20171229_BillyTheCat.jpg


「いつか空の下」
 


■Profile
(Vo,Pi)伊藤たけぢん、(G)鈴木まさひろ
(Ba)増田リョースケ、(Key)和香、(Dr)山崎サチヲ
すべての曲を手掛ける伊藤たけぢんさんに集う若き才能は、その実力を高めることに努力を惜しまない。そして、このメンバーによる化学反応は聴く者を魅了してやまない。これまでの人生の集大成ともいえるアルバムは静岡の音楽シーンの新たな歴史を刻んでいくことになる。


■Information
 1/6 すみやグッディ富士店


【アルバム】
 1stアルバム「GotchaGottaGO!!」


【HomePage】

STACRU

2017/12/22

20171222_Stacru.jpg


「MoonLight」
 


■Profile
(Vo,G)針谷総一、(G)稲葉はるひ
(Ba)もっけ、(Dr)ケイタ・スギヤマ
インタビューをしていると、正直その個性に掴みどころがない・・・。緊張してわけわかんなくなる・・・とか言っているし。
ただ、曲になるとそのバラバラ加減は驚くほどまとまりを見せ、一つの大きなベクトルが渦を巻いて上昇気流を描いているよう!このバンドの未知なる可能性を感じずにはいられない。
「神谷宥希枝の独立宣言ライブin大社の杜2017」グランプリスト。


■Information
 1/20 静岡サナッシュ


【アルバム】
 新作「DREAMING LIGHT」


【HomePage】

ノグチサトシ

2017/12/15

20171215_NoguchiSatoshi.jpg


「クロス」
 


■Profile
沼津市在住
地元を愛し、人を愛し、思うままに詩を綴りメロディーを紡ぎだす。どこか、とがっているようで優しい、憎めないアンチクショー♪彼の唄を必要としている人がここにも居る。


■Information
 12/16 リリースパーティー@西荻窪アートリオン


【アルバム】
 新作「Cross」


【HomePage】

WELL DONE SABOTAGE

2017/12/08

20171208_WellDoneSabotage.jpg


「憂いの唄」
 


■Profile
(Vo,Gt)五味礼一郎、(G)五味こーへい
(Ba)飯塚啓介、(Dr)野崎啓太
富士市にて高校時代に結成されたバンドが主体となり、新たにメンバーを加え再始動!確固たるテクニックと抒情的な歌詞は、聞くものを惹きこむ。ライブは必見!


■Information
 アルバムリリースに伴いツアー開催


【アルバム】
 2ndアルバム「Father Time」


【HomePage】

forest park

2017/12/01

20171201_forestpark.jpg


「yokoyure」
 


■Profile
(MC)太呂、(Singer)AKIRA
もともとR&Bを歌っていたAKIRAがシンガーの経験なしの太呂を誘って結成。作ってもらったトラックにそれぞれのパート分担をし、各々が詩を綴る。「日本語の響きに追求、対峙」というテーマは二人の心からの思い偽りなくを綴る。


■Information
 12/3 「夜の森林公園」@浜松キルヒヘア


【アルバム】
 ライブのみ


【HomePage】

FIND A LINE

2017/11/24

20171124_FindALine.jpg


「believe your words」
 


■Profile
(Vo,Cho,G)shinnosuke、(G,Cho)ryoji
(Vo,Cho,Ba)tatsuya、(Dr,Cho)93cho
進化した音がここにある。それぞれのメンバーが持ち味を存分に発揮し、また、引き出しあった新作。スキルだけではない、ライブバンドとしてのプライドさえ感じさせる曲は、ロックキッズ必聴!!


■Information
 12/16 新宿ACB
 2/24 磐田FMステージ


【アルバム】
 3曲入りCD「believe your words」 


【HomePage】

「静岡縣郷土唱歌」(プロデューサー:坪井義幸)

2017/11/17

20171117_Tsuboi.jpg


「蜜柑採」「金原明善」
 


■Profile
昭和初期、教員養成や課題の調査研究を行った県教育委員会が、尋常小学校、高等小学校に向けに発行した「静岡縣郷土唱歌」。
名所・史跡や偉人を題材にした楽譜が今なお残されていて、長い時を経て、今蘇った。丸山研二郎をはじめとする、静岡の音楽家たちにより28曲が音源化された。知らなかった静岡の偉人や土地に逢えた新鮮さはもとより、戦後に使われていた日本語の響きの美しさにも、惹かれるものがある。


■Information
 11/18「よみがえる昭和の唱歌コンサート」
 静岡 浅間まつり@浅間神社ホール 
 500円(子ども無料)


【アルバム】
 「静岡縣郷土唱歌」 


【HomePage】

Copyright (C) 2010 K-MIX. All Rights Reserved.